ハーモニカソサエティーOB会 会則

〔名称及び事務所〕
第1条   本会は明治大学ハーモニカ・ソサェティーOB会と称する。
第2条   本会の事務所は東京都内に置く。
第3条   本会の幹事会の議決により支部を置くことができる。

〔目的及び事業〕
第4条   本会は会員相互の親睦をはかり、また、明治大学ハーモニカ・ソサェティー
     の活動を支援することを目的とする。
第5条   本会は前条の目的を達成するために次の活動を行う。
      (1) 各種親睦行事の開催。
      (2) 明治大学ハーモニカ・ソサェティーの活動の支援に関する事業。
      (3) 会報の発行及び会員名簿の整備。
      (4) その他本会の目的達成に必要な事業。

〔会員〕
第6条   本会は明治大学ハーモニカ・ソサェティーのOBをもって組織する。但し、
     会員から特別に推薦された者は幹事会の承認を得て会員になることができる。
第7条   本会の趣旨に違反し、又は本会の名誉を著しく傷つける行為があった会員は
     幹事会が総会の承認を得て除名することができる。
第8条   本会の会員で本会を退会しようとする会員は理由を付して退会届を提出し、
     幹事会の承認を得なければならない。

〔役員〕
第9条   本会に次の役員を置く。
      (1) 会長                 1名。
      (2) 副会長                
1名以上
      (3) 幹事長                1名。
      (4) 副幹事長               
1名以上
      (5) 幹事          各卒業年度より1名。
      (6) 会計監査               
1名又は2名
      (7) 広報・会計を含む運営委員      若干名。
第10条1 前条(1)から(4)までの役員は総会に於いて選任する。
    2 前条(3)の幹事は、当該年度の会員代表者とする。
    3 (7)の役員は幹事会に於いて幹事及び運営協力者より選任する。
    4 新卒幹事は卒業後3年間
運営委員になる。
第11条
  
第5条の事業を行うため、幹事会の決定により各種委員会を置くことができる。
第12条1 役員の任期は3年とする。
    2 役員は任期終了においても後任者が就任するまでは引き続きその職務を行う。
    3 
幹事は任期途中において幹事会又は運営委員会に申出て交代することができる。
第13条1 会長は本会を統括し、本会を代表する。
    2 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは
副会長の中から順位を決めてこれを
     代行する。
    3 幹事長は幹事会を代表し、且つ事業達成のため幹事と協力する。
    4 副幹事長は幹事長を補佐し、幹事長事故あるときは副幹事長の中から順位を決めて
     これを代行する。


〔名誉会長及び顧問・相談役〕

第14条  会員または幹事会が必要と認めた場合は名誉会長・顧問・相談役を置くことが
      できる。


〔会議〕

第15条  本会の会議は総会・幹事会・運営委員会の3種とする。
第16条1 総会は本会最高の議決機関であり、会長が3年に1回これを招集する。

    2 会長及び幹事会が必要と認めた場合臨時総会を招集できる。
    3 幹事会の構成は、会長、副会長、幹事長、副幹事長及び幹事とし、会長は毎年度
     1回幹事会を招集する。また、必要に応じて臨時幹事会を招集できる。

    4 
運営委員会は役員及び運営協力者で構成し、会長は必要に応じて
運営委員会を召集する。
    5
 全ての会議及び各種委員会において、議事録を作成する。

第17条  幹事会は会員の意思を代表し、事業計画を決定する。

第18条  運営委員会は幹事会の同意を得て、幹事会に代わる機関とすることができる。
第19条  総会、幹事会及び運営委員会の議長は会長が行い、議決は出席者の過半数をもって
     決し、可否同数の場合は議長の決するところによる。

〔会計〕

第20条  本会の会計は会費.賛助金及びその他の収入をもって行う。

第21条  本会の会費は別に定める年会費とし、役員は会員の年会費納入促進に協力する
     こととする。
第22条
  幹事長は毎会計年度終了後決算を行い、収支決算書・事業報告を作成し会員に
     これを提出しなければならない。

第23条1 幹事長は毎会計年度終了後に前条に定める書類を会計監査に提出して監査を
     受けなければならない。
    2 会計監査は監査報告書を会員に提出しなければならない。
第24条
  本会の会計年度は4月1日から翌年3月31日までとする。

〔慶弔〕
第25条  会員に慶弔の事由があった場合、別に定める慶弔金等の給付を行う。

〔会則の変更〕
第26条  本会則の改廃は幹事会で決議し、総会において承認を得るものとする。


〔付則〕

1 本会則は昭和53年4月1日より実施する。
2 第21条の年会費は
2,000円とし、毎年度前の3月1日より3月末日までに指定口座
 に振り込むものとする。

〔付則〕
1 第21条の年会費は1992年度(平成4年度)より
5,000円とし、毎年度前の
 3月1日より3月末日までに指定口座に振り込むものとする。
2 第20条の賛助金は 一口
1,000円以上とする。
3 第2条の事務所は、明治大学ハーモニカ・ソサェティー内(東京都千代田区神田駿河台
 1ー1)とする。

4 この改正は、1991年(平成3年)10月28日から施行する。
  〔注 幹事会による会則改正.年会費の改定及び賛助金の新設〕

〔付則〕

第9条役員の定数改正(副会長・副幹事長)及び関連条項の改正は2000年10月22日
から施行する。

〔付則〕

第9条役員の定数改正(副幹事長)及び関連条項の改正は2006年11月12日から施行
する。

〔付則〕

第9条役員の定数改正(副会長・副幹事長)及び第15条の会議関連条項他の改正は2009
年11月1日から施行する。